PR
写真1●ワンセグの画面が表示された「Sony Tablet S」
写真1●ワンセグの画面が表示された「Sony Tablet S」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●本体は小型のボックスで、USBケーブルでタブレット端末とつなぐ
写真2●本体は小型のボックスで、USBケーブルでタブレット端末とつなぐ
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2011」会場で、ロジテックはAndroidタブレットでワンセグを視聴できるチューナーを参考出展している(写真1)。Android 3.1以降のOSがサポートするUSBホスト機能を利用して、USBケーブルで接続するタイプのチューナーである(写真2)。

 ロジテックの親会社であるエレコムのブースで展示しており、製品名は「LDT-1SA01」。近日発売との表記があり、説明員によると「年内には発売したい」とのことだ。対応するのはAndroid 3.1以降のOSを搭載したタブレット端末で、動作確認済みの機種は「Sony Tablet S」「Acer ICONIA A300」「MOTOROLA XOOM」「東芝 REGZA Tablet」「ASUS Eee Pad Transformer」。同社では、タブレット端末でワンセグ視聴ができるチューナーは史上初という。

 タブレット端末の全画面にワンセグ放送を表示したり、タブレット端末の向きを変えることで縦横の自動回転をしたりすることが可能だ。ワンセグ番組は録画ができ、移動時間などにタブレット端末の大画面で録画した番組を楽しめる。画面のキャプチャーも可能だという。