PR
写真●米Ping Identityの「PingFederate」
写真●米Ping Identityの「PingFederate」
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ビッグサイトで2011年10月12~14日に開催中の「ITpro EXPO 2011」のマクニカネットワークスのブースにおいて、米Ping Identityがシングルサインオン(SSO)ソフト「PingFederate」を動態展示している。インターネット上のSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)にもシングルサインオンできるのが特徴だ。

 IDの管理そのものはActive Directoryなど既存のディレクトリサービスを利用する。PingFederateはActive Directoryなどと連携し、様々なシステムやサービスへのシングルサインオンを実現する。マクニカブースではSalesforce.comのCRMサービス、Googleの「Google Apps」、シスコのWeb会議サービス「Webex」などへのシングルサインオンをデモンストレーションしている(写真)。

 ユーザーはまずActive Directoryにログインする。SaaSへのアクセス時には、PingFederateを介して自動的にログインする。そのため、ユーザーから見るとActive Directoryのログインだけで済む。SaaSのアカウントを持っていない場合は、Active Directoryのユーザー名を使ってアカウントを自動生成する機能も持つ。

 米国での価格は付加機能によって200万円から1500万円。日本での販売はマクニカネットワークスと代理店契約を交渉中という。2012年には日本でも発売する見通しだ。