PR
写真●NTTデータソルフィスがブースに設置しているセンサー
写真●NTTデータソルフィスがブースに設置しているセンサー
[画像のクリックで拡大表示]

 「オフィスの電力使用量などを見える化し、省エネにつなげましょう」――。NTTデータソルフィスは2011年10月12~14日に東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2011」展示会において、省エネソリューション「見える課ECO部長」を実演している。NTTデータグループのブース内6カ所にセンサーを設置し、同社ブースの温度や湿度、照度など実測して一覧表示している(写真)。

 見える課ECO部長は、オフィスや店舗、工場など拠点内にセンサーを設置し、電力使用量や温度、湿度、照度、CO2濃度を計測。これらの数値を可視化することで社員の省エネ意識を喚起、省エネ対策につなげるソリューションだ。

 NTTデータイントラマートのWebシステム基盤ソフト「intra-mart」で構築したグループウエアと連携可能で、自分が所属する部署や拠点の環境情報を一覧表示。過去のデータを蓄積し、電力使用量の推移などの分析も容易にできる。工場や店舗内などPCを設置しにくい環境でも使いやすいように、専用のタブレット端末からの操作も可能。「今後、Android端末やiPadからも操作できるようにする」(NTTデータソルフィスの小松将吾氏)。

 同ソリューションの特徴は、短期間かつ低コストでの導入が可能な点。intra-martで業務システムを構築している企業であれば、機能追加だけで利用でき、新たなシステム構築が必要ない。センサーの設置なども含め2週間程度で導入可能だ。環境情報の見える化により、「省エネ意識が高まり、一般的には電力使用量を従来比で15%程度削減できる」(NTTデータソルフィスの河島正明部長)。

 価格は、工事やセンサーなども含め最小構成で約185万円から。2011年度中に100社への導入を目指している。今後、データを見える化するだけでなく、空調や照明などの自動制御機能も追加し、さらなる省エネ化が図れるソリューションにしていく計画だという。