PR
アダルト動画を掲載した「セサミストリート」のYouTubeチャンネル(英ソフォスの情報から引用)。編集部で一部修整した
アダルト動画を掲載した「セサミストリート」のYouTubeチャンネル(英ソフォスの情報から引用)。編集部で一部修整した
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティ企業の英ソフォスは2011年10月17日、米国の子ども向けテレビ番組「セサミストリート」のYouTubeチャンネルが一時的に乗っ取られたことを明らかにした。20分間にわたり、アダルト動画が掲載されていたという。

 ソフォスによると、アダルト動画が掲載されたのは10月16日のこと。動画配信サイトYouTubeに置かれている、セサミストリートのYouTubeチャンネルが何者かに乗っ取られたという。同チャンネルの管理者用アカウントを使って、何者かがログインし、アダルト動画をアップロードしたとみられる。

 その動画はおよそ20分間視聴可能な状態に置かれた。その後YouTubeでは、同サイトのコミュニティガイドラインに違反したとして、セサミストリートのYouTubeチャンネルを閉鎖した。

 アダルト動画をアップロードした人物は、同チャンネルのプロフィルも改ざん。実在するYouTubeのユーザー名(アカウント名)で「犯行声明」を掲載した。

 これを受けて、該当のユーザーはYouTubeで反論。今回の件に全く関与していないと釈明する動画をアップロードした。

 アダルト動画をアップロードした人物が、どのようにログインしたのかは現時点では不明。ソフォスでは、管理者用アカウントのパスワード管理が甘かった可能性があると指摘している。