PR
写真1●香港で開催されたAndroid 4.0とGALAXY NEXUSの発表会。Androidの生みの親であるAndy Rubin氏も登場した
写真1●香港で開催されたAndroid 4.0とGALAXY NEXUSの発表会。Androidの生みの親であるAndy Rubin氏も登場した
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●GALAXY NEXUSの外観
写真2●GALAXY NEXUSの外観
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Android 4.0の画面
写真3●Android 4.0の画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●Android 4.0の新機能、アプリのグループ化
写真4●Android 4.0の新機能、アプリのグループ化
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●Android 4.0の新機能、音声認識による入力
写真5●Android 4.0の新機能、音声認識による入力
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleと韓国Samsung Electronicsは2011年10月19日、香港で開催したイベントで、最新Android OS 4.0(開発コードIce Cream Sandwich)を初めて搭載したスマートフォン「GALAXY NEXUS」を発表した。2011年11月に世界各市場で出荷、日本ではNTTドコモから11月に発売される。

 GALAXY NEXUSは、4.65インチのSUPER HD AMOLEDと呼ぶディスプレイを備え、解像度は1280☓720。画面下部に、ボタンにもなるサブディスプレイも備える。側面から見るとわずかに円弧のようなカーブを描いているのが特徴。動作周波数1.2GHzのデュアルコアCPUを搭載し、5Mピクセルのカメラを備える。NFC (Near Field Communication、近距離無線通信)にも対応する。

 Android OS 4.0は、スマートフォン向けの2.X系列とタブレット向け3.X系列を統合したOS。機能面では、アプリケーションをグループ化したフォルダや、画面のキャプチャ機能、音声認識による文字入力機能、画像編集機能などを備える。また顔認識によるロック解除機能も搭載する。

 Android Beamは、NFC対応のAndroid搭載機同士で情報を交換できる機能だ。連絡先や好みのアプリ、音楽やビデオなどの情報を、メニューを開いたりアプリを起動したりすることなく、Android搭載機同士を近づけるだけで交換できるという。

 Android 4.0のSDK(開発キット)は、Googleの開発者向けサイトからダウンロード可能になっている。

[米Googleの開発者向けサイトへ]
[ドコモの発表資料へ]



■この記事について他の読者と意見を交換する
  トピック「Android 4.0(Ice Cream Sandwitch)公開
  コミュニティサイト「Android Developer Lounge」トップ