PR

 米Amazon.comは現地時間2011年10月19日、ビデオ配信サービス「Amazon Instant Video」のテレビ番組ストリーミングに関して、米テレビ局PBS Distributionとライセンス契約を拡大したと発表した。会員制有料プログラム「Amazon Prime」のメンバーは、追加料無しでPBSの豊富な番組をストリーミング視聴できる。

 対象となるテレビ番組はPBSが現在放映している作品と過去の作品で、今後数カ月で「NOVA」「Masterpiece」「Antiques Roadshow」など人気番組やドキュメンタリーから1000以上のエピソードにアクセスできるようにする。「Frontline」や「Washington Week」など報道番組も放映の翌日に配信する。これにより、Amazon Prime会員向けストリーミング配信サービス「Prime instant video」では年内に1万2000タイトルが揃うことになる。

 Prime Instant Videoは、広告無しのテレビ番組や映画を無制限でストリーミング配信しており、PBSのほか米CBS、米Fox、米NBC Universal、ソニー傘下の米Sony Pictures Home Entertainment、米Warner Bros.などと提携している。2011年2月の開始当時のストリーミングライブラリーは約5000タイトルだった(関連記事:Amazon.com、「Prime」会員に映画のストリーミングを追加料金なしで提供)。

 Prime Instant Videoのビデオは、同社が9月下旬に発表したタブレット端末「Kindle Fire」(関連記事:Amazon.comの新タブレット端末「Kindle Fire」、ストリーミング再生対応で199ドル)を含む各種デバイスやパソコン、テレビで視聴できる。

[発表資料へ]