PR

 米comScoreは米国時間2011年10月20日、モバイル向けソーシャルメディアに関する調査結果を発表した。それによると、8月(2011年6~8月の3カ月平均、以下同)にモバイル端末からSNSあるいはブログにアクセスしたことがある13歳以上の米国モバイルユーザーは約7225万人で、1年前と比べ37%増加した。そのうち約3985万人はほぼ毎日アクセスしている。

表●米国モバイルユーザーによるSNS/ブログアクセス状況(単位:1000人)
 2010年8月2011年8月増加率
SNS/ブログにアクセスしたことがある52,73372,25237%
SNS/ブログにほぼ毎日アクセスしている25,27239,85458%
モバイルブラウザー経由でアクセス34,19242,25124%
モバイルアプリケーション経由でアクセス17,00238,453126%
出典:米comScore

 モバイルSNSへのアクセス手段としてはモバイルブラウザーが主流だが、モバイルアプリケーションが5倍早いペースで増加している。8月にモバイルブラウザーからアクセスした人は約4225万人で1年前と比べ24%増えた。これに対し、モバイルアプリケーションからのアクセスは約3845万人で同136%急増した。

 三つの主要SNS「Facebook」「Twitter」「LinkedIn」について見ると、いずれもモバイルユーザーが1年前より50%以上拡大した。8月に最もモバイルアクセスが多かったFacebookは約5733万人(50%増)がモバイル端末から利用した。最も伸び率が高かったTwitterでは、約1338万人(75%増)がアクセスした。LinkedInのモバイルユーザーは約548万人(69%増)だった。

 モバイルユーザーがSNSあるいはブログにアクセスした際の行動としては、「友達など知っている人が投稿したコメントを読む」(80.3%)が最も多く、「自身の情報を更新する」(69.5%)が続いた。

[発表資料へ]