PR
写真●Synergy!360の「スコアリング機能」
写真●Synergy!360の「スコアリング機能」
[画像のクリックで拡大表示]

 シナジーマーケティングは2011年10月24日、メールマーケティングを支援するクラウドサービス「Synergy!360」を発表した。クラウド上で、複数の企業同士がメールマーケティングに関する統計データを共有するのが特徴だ。統計データに基き、顧客属性ごとに最も開封率が高い時間帯を狙ってメルマガを自動配信することができる。

 Synergy!360は、顧客情報やマーケティングデータを蓄積する「データベース機能」、統計データや顧客の行動履歴をもとにメールを自動配信する「メール配信最適化機能」、TwitterとFacebookから特定キーワードを含む投稿を抽出する「ソーシャルメディア対応機能」、配信したメール内のURLをクリックした顧客を抽出したりURLごとのクリック数をランキングしたりする「スコアリング機能」(写真)を提供する。

 特徴は、同サービス、および同社が提供済みのクラウド型CRMサービス「Synergy!」に蓄積されたメールマーケティングに関する統計データを活用して、メール配信の最適化を行う点だ。例えば、メルマガを配信システムにセットしておくだけで、顧客の年齢ごとにメルマガの開封率が高い時間帯を割り出して、その時間帯にメールを自動配信してくれる。シナジーマーケティング 営業部の池田貴則部長によると、同サービスで利用する統計データとして、Synergy!を導入している約1000社のマーケティングデータを参照しているという。

 11月上旬からサービスを開始する。当面は、データベース機能がメインの無償版「Synergy!360 Free」と、メール配信機能を備えた有償版「Synergy!360 Standard」の2エディションを展開。2012年5月以降に、メール分析機能やスコアリング機能を搭載した上位エディションをリリースする予定だ。Synergy!360 Standardの料金は、初期費用15万円、月額費用2万5000円から(いずれも税別)。