PR

 米Strategy Analyticsは米国時間2011年10月21日、世界のタブレット端末市場に関する調査結果を発表した。モバイルプラットフォーム別の出荷台数を見ると、米Appleの「iOS」が依然として首位を独走しているが、米Googleの「Android」の伸びが著しい。また、iOSとAndroidを合わせると世界市場の93.5%を占めている。

 2011年第3四半期におけるタブレット端末の世界出荷台数は1670万台で、前年同期の440万台と比べ280%増加した。Appleの「iPad」は当期に1110万台を出荷し、iOSが最大シェア66.6%を獲得した。Android搭載タブレット端末の出荷台数は450万台で、シェアは26.9%だった。

 iOSのシェアが前年同期の95.5%から28.9ポイント縮小したのに対し、Androidは前年同期の2.3%から約12倍拡大した。

 米Microsoftのモバイルプラットフォームは2.4%のシェアにとどまった。カナダResearch In Motion(RIM)が採用する「QNX」のシェアは1.2%だった。

■表1 2011年第3四半期における世界タブレット端末市場の
       モバイルプラットフォーム別出荷台数(単位:100万台)
      2010年第3四半期   2011年第3四半期
iOS               4.2              11.1
Android           0.1               4.5
Microsoft         0.0               0.4
QNX               0.0               0.2
その他            0.1               0.5
合計              4.4              16.7

出典:Strategy Analytics
■表2 2011年第3四半期における世界タブレット端末市場の
       モバイルプラットフォーム別市場シェア(単位:%)
      2010年第3四半期   2011年第3四半期
iOS              95.5              66.6
Android           2.3              26.9
Microsoft         0.0               2.4
QNX               0.0               1.2
その他            2.3               2.9
合計            100.0             100.0

出典:Strategy Analytics

[発表資料へ]