PR
マイクロソフトのYouTubeチャンネルに掲載されていた動画の例(英ソフォスの情報から引用)
マイクロソフトのYouTubeチャンネルに掲載されていた動画の例(英ソフォスの情報から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティ企業の英ソフォスなどは2011年10月23日、米マイクロソフトの公式YouTubeチャンネルが一時的に乗っ取られ、動画が全て削除されたことを明らかにした。現在では復旧済み。

 ソフォスの情報によれば、マイクロソフトの動画が何者かによって全て削除され、代わりに再生時間が3~4秒程度の短い動画が置かれていたという(図)。

 さらに、同チャンネルのコメント欄には、「私は間違ったことはしていない。2006年に作成したアカウントにログインしただけだ(I DID NOTHING WRONG I SIMPLY SIGNED INTO MY ACCOUNT THAT I MADE IN 2006 :/)」といった内容の英文が投稿されていた。

 10月17日には、セサミストリートのYouTubeチャンネルが乗っ取られて、アダルト動画が掲載された事件が発生している。これを受けてマイクロソフトのYouTubeチャンネルには、「アダルト動画を待っているのだが(waiting now for some porn)」といったコメントが複数書き込まれていたという。

 現在では復旧済み。乗っ取られた経緯などは明らかにされていない。ソフォスでは、同チャンネルの管理者が、パスワードをきちんと管理していなかった可能性があると指摘している。