PR
「ゼンリン電子地図帳Zi14」
「ゼンリン電子地図帳Zi14」
[画像のクリックで拡大表示]

 ゼンリンは、Windows用の電子地図ソフトの最新版「ゼンリン電子地図帳Zi14」を2011年11月25日発売する。今年4月までの市町村合併情報を反映させ、統計データを地図上に表示する「データ展開」機能を搭載した。希望小売価格は1万4700円。

 データをパソコン内にインストールして、全データをローカルに持つ電子地図ソフト。DVD-ROMで販売する。約6250分の1縮尺相当の全国道路地図、約1000分の1縮尺相当の1300都市市街地図のほか、約730万件のタウンページ情報を収録する。住所、電話番号、施設別などから検索が可能。

 各種ランドマークを3Dオブジェクトで表現する3Dモードでは、東京スカイツリーを3D表示できる。データ展開機能は、住所データや売上情報などの統計データを地図上に表示するもので、顧客・施設・物件管理や、エリアマーケティング、プレゼンテーション資料を作成できる。

 対応OSはWindows XP/Vista/7。フルインストールには約14GBのHDD容量が必要。通常版のほか、アップグレード/乗り換え専用(希望小売価格1万1550円)、バージョンアップ(同7350円)、5ライセンスパック(同5万2290円)を用意した。