PR

 電通、電通レイザーフィッシュ(DRF)、日本マイクロソフトの3社は2011年10月26日、ソーシャルメディアマーケティング支援ソリューションの開発・運用などで業務提携すると発表した。日本マイクロソフトがクラウド基盤と開発リソースを提供し、電通は広告主向けソリューションの企画と設計を担当、DRFがサービスの構築と運用を行う。

 電通は2011年2月に米フェイスブックとマーケティング面で業務提携しており、そうしたパイプを通じて入手した技術情報などを、マーケティングソリューションの企画・設計に役立てる。そして新サービスを日本マイクロソフトのクラウド基盤「Windows Azure Platform」上に構築し、DRFが運用して提供していく。

 第1弾として、リード・レックスのコンテンツ管理ツール「sociobridge(ソシオブリッジ)」の開発とサービス化を日本マイクロソフトとDRFが支援した。フェイスブックページのコンテンツ管理サービスとして同日から提供開始。DRFが総販売代理店を務める。

 sociobridgeは、フェイスブックページへの投稿/承認、投稿内容の監視、オリジナルページ生成といった機能を持つ。利用料金は月額8万9250円から。今後はフェイスブック以外のメディアへの対応、多言語への対応も進め、ソーシャルメディア全般の管理ツールとしてグローバルな商品に発展させる考え。