PR
写真●ソニー・エリクソンの完全子会社化を発表するソニー 代表執行役会長兼社長 CEO ハワード・ストリンガー氏(会見のインターネット中継より)
写真●ソニー・エリクソンの完全子会社化を発表するソニー 代表執行役会長兼社長 CEO ハワード・ストリンガー氏(会見のインターネット中継より)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2011年10月27日、Sony Ericsson Mobile Communications(以下ソニー・エリクソン)のEricsson保有株式を取得し、100%子会社とすると発表した。Ericssonは株式50%の対価として10億5000万ユーロの現金を受け取る。

 ソニーとEricssonは2001年に合弁会社を設立。携帯電話事業を行なってきた(関連記事)。2010年からAndroidスマートフォン「Xperia」シリーズを日本ではNTTドコモとKDDIから発売している。

 今回の完全子会社化により、ソニーは、ソニー・エリクソンの製品群をソニーのネットワーク・コンシューマー製品群に統合する。またソニーは5つの特許群を取得するとともに、エリクソンとの広範なクロスライセンスを結ぶ。

 ソニーでは今回の完全子会社の理由について「過去10年の間に、携帯電話市場の中心は、単純な通話端末からネットワークサービスやコンテンツにもアクセスできる多機能なスマートフォンへと変化してきた。両社はこのような携帯電話の進化、そして市場における重要性を考慮し、合理的な結論として今回の取引に至った」としている。

 またソニー 代表執行役会長兼社長 CEO ハワード・ストリンガー氏は「ソニーは、スマートフォン、タブレット、ノートPC、テレビなどをシームレスに連携させ、より迅速にまた強いラインナップでお客様に提供していく。これらの製品とソニー自身が運営するネットワークサービスであるプレイステーションネットワークやソニーエンタテインメントネットワークを通じて、新しいオンラインエンタテインメントの世界を開拓していく」とのコメントを発表し、ソニー・エリクソンの製品群とソニーの製品およびサービス群との連携を強化する方針を強調した。

[発表資料へ]

■変更履歴
ソニー 会長兼社長 CEO ハワード・ストリンガー氏の写真を追加しました。 [2011/10/27 20:15]