PR

 ジュピターテレコム(J:COM)は2011年10月27日、2011年12月期第3四半期決算説明会を開催した。2011年1月~9月の営業収益は前年同期比3.2%増の2763億円(進捗率は75%)、営業利益は同16.4%増の572億円(進捗率は78%)だった。

 加入動向としては、加入数が増えて、解約率が下り、ARPUが下っている。2011年1月~9月の平均加入数は、ケーブルテレビが282万件(対前年同期比7.2%増)、高速インターネット接続が179万件(同7.3%増)、電話が215万件(同12.6%増)となった。RGU(収益獲得単位数)合計は676万(同8.9%)。総加入世帯数は358万(同6.1%増)である。

 2011年1月~9月の解約率は0.99%と0.15ポイント下った。第3四半期の平均は0.92%(前年同期は1.09%)と大幅に下っている。一方で、1月~9月の平均のバンドル率は1.89(前年同期は1.84)と大幅に上昇したが、同期間のARPUは7526円(同7681円)と大幅に下った。競合他社との厳しい価格競争が反映された結果である。

[発表資料へ]