PR
富士フイルムの「FinePix JX420」
富士フイルムの「FinePix JX420」
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムは、広角ズームレンズと有効1600万画素CCDを搭載したエントリー向けのコンパクトデジタルカメラ「FinePix JX420」を2011年11月12日発売する。被写体から撮影シーンを自動的に認識する「シーンぴったりナビ」機能を搭載した。価格はオープンで、予想実売価格は1万3000円前後。

 広角側28mm、望遠140mm(ともに35mmフィルム換算)の光学5倍ズームレンズを搭載し、ワイドから望遠まで対応。電子式の手ぶれ・被写体ぶれ補正機能を備える。HD(1280×720ドット)の動画や16対9の静止画も撮影できる。

 シーンぴったりナビは、被写体にカメラを向けるだけで、撮影シーンを「人物」「風景」「夜景」「マクロ」「逆光&人物」「夜景&人物」の6種類から自動判別。顔検出機能との組み合わせで人物もきれいに撮影する。また、パノラマ写真や、Facebookなどソーシャルサービスへの予約アップロード機能も備える。

 記録メディアはSD/SDHCメモリーカードで、内蔵メモリーは持たない。リチウムイオンバッテリーで約190枚撮影できる。本体色は「ブラック」「レッド」「ピンク」「シルバー」の4色。本体寸法は幅95.2×奥行き24.3mm×高さ57.2、重さは約124g(バッテリー、メモリーカード含む)。