PR

 松江市としまねOSS協議会は2011年10月28日、「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2012」の応募受付を開始した。一般部門と学生部門の2部門で全国から募集する。

 「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」は、松江市としまねOSS協議会が設立した「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト実行委員会」が開催するコンテスト。2009年に第1回が開催され、今回が4度目となる。

 松江市はオープンソースのプログラミング言語「Ruby」の作者まつもとゆきひろ氏が同市に在住していることから、オープンソースソフトウエア(OSS)による地域振興を図る「Ruby City Matsue」プロジェクトを推進している。しまねOSS協議会は島根県の産官学による、オープンソースソフトウエアによる地域振興を推進する団体。

 4度目となる今回は、ビジネス活用部門の表彰賞金を20万円と前回までの倍に増額した。また最終選考会にビジネスプランに興味のある企業の経営者や企画・営業担当者を招き、プラン実現に向けた話し合いの機会を提供する。

 ビジネスプランの応募は2012年1月10日まで。募集要項や応募用紙は松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2012のホームページに掲載している。