PR
写真●ThinReports Editor
写真●ThinReports Editor
[画像のクリックで拡大表示]
図●ThinReportsの動作(公式サイトより引用)
図●ThinReportsの動作(公式サイトより引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 マツケイは2011年11月2日、Ruby向け帳票ツール「ThinReports」の正式版をオープンソースソフトウエア(OSS)として無償公開した。GUI上で帳票を設計できるエディタも備える。マツケイは松江市の企業。島根県の助成を受け開発した。

 ThinReportsは、GUI上で帳票レイアウトを設計できるデザインツール「ThinReports Editor」(写真)と、Ruby向けライブラリ「ThinReports Generator」で構成される。ThinReports Editorで作成した帳票レイアウトに基づき、ThinReports Generatorがデータベースから情報を読みだしてPDFを生成する()。ThinReports EditorはWindows、MacOS X、Ubuntuに対応。ThinReports Generatorが生成するPDFは暗号化やパスワード設定も可能。

 ThinReports EditorはGPL v3、ThinReports GeneratorはThe MIT Licenseで配布する。ソフトウエア自体は無償で公開するが、マツケイでは近く有償のサポートサービスを提供する予定。

 「ThinReports」は、島根県が2010年に実施した「IT産業 新技術研究開発助成事業」の助成金を受けて開発された。同事業は、島根県内企業のOSSなどに関連する研究開発費用の半額を、最大500万円まで補助するもの(関連記事)。

 ThinReportsおよびそのドキュメントはThinReportsの公式サイトからダウンロードできる。