PR

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは2011年11月4日、NTTドコモが発売しているAndroidスマートフォン4機種について、7日から順次バージョンアップが実施されると発表した。対象機種は「Xperia SO-01B」(Xperia)、「Xperia arc SO-01C」(Xperia arc)、「Xperia acro SO-02C」(Xperia acro)、「Xperia ray SO-03C」(Xperia ray)である。

 今回のバージョンアップは特に、Xperia arc/acro向けの内容が多く含まれている。具体的にはまず、両機種にテザリング機能を追加。これによりパソコンやタブレットなどを、スマートフォン経由でインターネットに接続できるようにする。

 さらに、文字入力システム「PoBox Touch 4.3」の搭載、カメラの16倍デジタルズーム対応、緊急通知用サービス「エリアメール」への対応、端末単体でのスクリーンショット機能の追加、といった様々な改良点がある。

 その他の機種では、Xperiaにはエリアメール機能、Xperia rayにはスクリーンショット機能が追加される。なおXperia rayはXperia arc/acroより後に発売された機種であり、テザリングやエリアメール、PoBox Touch 4.3を実装済みである。

Xperia arc/acroは「PlayStation Certified」対応へ

 また同日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、Xperia arc/acro(NTTドコモのSO-02C、SO-03CおよびKDDIと沖縄セルラーが販売するIS11Sを含む)を、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が展開している「PlayStation Certified」に対応させることを発表した。

 PlayStation Certifiedは、Android上で初代PlayStationゲームを動作させるための認定プログラム。対応機種では、SCEが運営するPlayStation Store経由でPlayStaionゲームなどをダウンロードできる。Xperia arc/acro向けの配信は12月上旬から始める。