PR
写真1●Webアプリケーションを構築できるPaaS「kintone」
写真1●Webアプリケーションを構築できるPaaS「kintone」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●サイボウズの青野慶久代表取締役社長
写真2●サイボウズの青野慶久代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●クラウド基盤「cybozu.com」のロゴを披露
写真3●クラウド基盤「cybozu.com」のロゴを披露
[画像のクリックで拡大表示]

 サイボウズは2011年11月7日、ノンプログラミングでWebアプリケーションを構築できるPaaS(Platform as a Service)、「kintone(キントーン)」の提供を開始した。同日運用を開始した独自のクラウド基盤「cybozu.com」上で稼働する。利用料金は1ユーザー当たり月額880円(契約ユーザー数300人以下の場合)。

 kintoneは、データベース、ワークフロー、コミュニケーション機能を備えた業務アプリケーションを手軽に開発できるPaaSである。あらかじめ用意されたパーツをドラッグ&ドロップ操作で配置するだけで情報入力フォームが完成する(写真1)。入力された情報の集計や全文検索、情報を確認するためにコメントをやり取りする機能などを備える。

 同社の青野慶久代表取締役社長(写真2)は、「現場では今すぐシステムが欲しいのに、情報システム部門に依頼すると完成まで長く待たされる。kintoneならば、使いたいときに自分でアプリを作ってすぐに使える」と述べた。

 同日、同社が独自開発したクラウド基盤「cybozu.com」の運用開始も発表した(写真3)。cybozu.comは、IaaS(Infrastructure as a Service)部分からクラウド専用ミドルウエア、アプリケーションまで、すべて同社が自社設計、開発したという。

 cybozu.comでは、企業ごとにサブドメインを取得して、専用のログインURL“(サブドメイン).cybozu.com”を提供する。「他社のクラウドサービスでは、すべての企業が同一のURLでログインする。一方、cybozu.comではサブドメインを設定することで、クロスサイトスクリプティングなどのクラッキングによる攻撃を受けにくくなる」と述べた。

 cybozu.comでは、kintoneのほか、中小企業向けグループウエア「サイボウズ Office」、大企業向けグループウエア「Garoon」、メール・サーバー・サービス、Web会議サービスなどを提供していく予定だ。