PR

 NTTドコモと学研ホールディングスは2011年11月7日、両社の保有するサービス基盤と教育サービスのノウハウを融合し、スマートフォンやタブレット端末向けにICTを活用した新たな学習スタイルを推進することを目指し、業務提携すると発表した。

 両社は今後、学習用アプリと教材の共同開発を行う。NTTドコモがスマートフォン向けに展開する学習支援サービス「ドコモゼミ」において、学研が展開する幼児向け知育教材や絵本、大人向けの科学や教養などのAndroidアプリを共同で開発する。2011年11月下旬から順次提供を予定する。

 また、学研が展開する学習塾事業での教材開発・塾事業の運営ノウハウとNTTドコモが保有する顧客基盤やプラットフォーム運営ノウハウを活用して、タブレット端末やスマートフォンで楽しく学べる学習教材を共同で検討する。今後は共同実証実験を通じて、タブレット端末やスマートフォンに最適な学習塾や家庭学習などの教育市場向け学習教材を、研究・開発していく予定である。

[NTTドコモの発表資料へ]