PR

 NHN Japan、およびNHN Japan傘下のネイバージャパンとライブドアの3社は2011年11月7日、2012年1月1日にNHN Japanとして経営統合すると発表した。ライブドアが展開する「メディア事業」と「データセンター事業」のうち、メディア事業をNHN Japanが吸収し、データセンター事業は商号を「データホテル」に変更してライブドアが継承する。

 NHN Japanは、オンラインゲーム「Hangame」を運営する韓国NHNの日本法人。ネイバージャパンはインターネット検索サービス「NAVER」の運営、ライブドアはメディア事業とデータセンター事業を展開している。現在、ネイバージャパンとライブドアはNHN Japanの完全子会社である。

 今回の経営統合により、NHN Japanは、オンラインゲーム事業を行う「ゲーム本部」と、ネイバージャパンとライブドアのメディア事業を統合した新組織「ウェブサービス本部」の2部門制になる。「Hangame」「NAVER」「livedoor」のブランドは存続する。なお、ライブドアのデータセンター事業については、ライブドアの商号を変更し、「データホテル」として引き続き事業を承継する。

 経営統合後のNHN Japanの代表取締役社長は現職の森川亮氏が続投する。ゲーム本部の代表は森川亮氏が兼任、ウェブサービス本部の代表は現ライブドア代表取締役社長の出澤剛氏が就任する。また、データホテルの代表取締役社長には、現ライブドア執行役ネットワーク事業部 事業部長の嶋田健作氏が就任する。