PR

 NTTぷららは2011年11月10日、映像配信サービス「ひかりTV」において、チューナーに録画した番組をほかの部屋のテレビやパソコンなどで視聴できる「ホームサーバー機能(マルチルーム機能)」の提供を同日に開始したと発表した。DLNA規格を利用した「ひかりTVリンク」の機能として提供する。

 ひかりTVでは、DLNA規格を利用した機能として「ひかりTVリンク」の提供を開始し、その第一段として2011年6月に録画番組をブルーレイディスクにダビングできる「ダビング機能」を提供している。

 今回提供を開始するひかりTVリンクホームサーバー機能では、ひかりTV対応ダブルチューナー「IS1050」(HDD内蔵モデル)に録画した番組を、家庭内LANを経由してひかりTVリンク対応のテレビやパソコン、ネットワークプレーヤーで視聴できる。

[発表資料へ]