PR
通信機能を内蔵した自動車盗難防止装置「HORNET 370V」
通信機能を内蔵した自動車盗難防止装置「HORNET 370V」
[画像のクリックで拡大表示]
スマートフォンでの操作画面。セキュリティのオン・オフ、パワースライドドアの制御などができる
スマートフォンでの操作画面。セキュリティのオン・オフ、パワースライドドアの制御などができる
[画像のクリックで拡大表示]

 加藤電機は、通信機能を内蔵した自動車盗難防止装置「HORNET 370V」を2011年11月24日に発売する。異常時のメール送信やGPSによる車両位置連絡機能を備え、盗難に遭った車両を追跡できる。Webサイトでの価格は7万3290円。

 ガラス割り、エンジン始動、ドアのこじ開けを検知して警報音を発する自動車盗難防止装置。純正のキーレスエントリーに対応し、手持ちのキーレスリモコンの操作でオン・オフできる。

 通信機能は、KDDIの通信回線を利用。車両の位置を地図で確認できる「位置検索サービス」、車両の異常を検知した場合にメール通知する「緊急通報サービス」、警報後5分おきに位置検索を50回実施する「警報後の位置検索サービス」を利用できる。スマートフォンや携帯電話から操作できる。

 初期費用は、回線事務手数料が3150円、通信開通手数料が1万290円、サーバー登録料が3150円。月額基本料金が1029円から。位置検索サービスは1回105円。緊急通報サービスが1回32円。通報後の位置検索サービスが1回1050円。