PR

 UQコミュニケーションズは2011年11月14日、同社のモバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」の上り最大速度を15.4Mbpsに高速化すると発表した。これまでの上り最大速度10Mbpsの約1.5倍になる。高速化する時期は2011年12月中としている。

 今回の高速化は、端末から基地局への通信において変調方式に64値QAMを採用したことによるものである。これまではQPSKまたは16値QAMだった。変調方式の高度化は、WiMAX Forum Release1.5に準拠した結果である。

 64値QAMで通信できるWiMAX機器は現時点で未定だが、後日ホームページに掲載するとしている。

[発表資料へ]