PR
写真●KDDIウェブコミュニケーションズの山瀬明宏代表取締役社長
写真●KDDIウェブコミュニケーションズの山瀬明宏代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIウェブコミュニケーションズは2011年11月15日、クラウドサービスの新ブランド「CloudCore」を発表、第1弾サービスとして開発者向けのIaaS(Infrastructure as a Service)である「CloudCore VPS」の提供を開始した。物理CPU1コア、メモリー2Gバイト、ディスク容量100Gバイトの環境を、月額945円(12カ月契約、初年度月額費用割引キャンペーンを適用した場合)からの低価格で利用できる。同社の山瀬明宏代表取締役社長(写真)は、「ホスティング事業者として、当社のクラウド参入は最後発だ。最後発だからこそ、現状のクラウドの課題に対応するサービスを提供できる」と説明する。

 山瀬社長は、新ブランド「CloudCore」をSMB(中堅・中小企業)に限定したクラウドサービスと位置づける。「現状のIaaS、PaaS(Platform as a Service)は大企業にとってはすばらしい。しかし、中堅・中小企業にとっては、導入費用、運用・構築の難易度が高すぎる。CloudCoreは、完全にSMB市場にコミットしたクラウドブランドであり、低コストで簡単に使えることが開発コンセプトだ」(山瀬社長)。

 同日リリースしたCloudCore VPSは、SMBの開発者向けのIaaSだ。同サービスの仮想化環境は、OSSの仮想化機構KVMを用いて自社開発した。「KVMベースで完全仮想化環境を自社開発したことで、物理CPU1コア/メモリー2Gバイト/ディスク容量100Gバイトの高スペックを月額945円からという低価格で提供することができた」(同社 SMB事業本部 ホスティング事業担当副本部長の角俊和氏)。

 対応OSは、11月15日の時点ではCentOS 5.6のみだが、12月中にFreeBSD、Solarisなどもサポートする予定だ。また、2012年3月までに、VMの世代管理、OSイメージの持ちこみなどに対応する。さらに2012年夏を目途に、専用サーバーや他社のクラウドサービスと相互にシステム移行が可能になるコンバートツールを提供する予定である。