PR

 NTT東日本は、FTTHサービス「フレッツ光」の加入促進策として、無線LANの活用を積極的に展開する。利用者宅内の無線LAN環境構築をサポートするサービスの提供や、飲食店との協業による公衆無線LAN用アクセスポイントの増強を行い、屋内でも屋外でも無線LAN経由でフレッツ光を利用できる環境を整備する。増加するスマートフォンやタブレット端末のユーザーに、携帯電話回線よりも高速なFTTHサービスを利用しやすくすることで、フレッツ光の販売促進に繋げたい考えだ。

 NTT東日本は、公衆無線LAN接続サービス「フレッツ・スポット」のアクセスポイントを2012年度末までに5万局に拡大する計画を2011年5月に発表している。新規に拡大するアクセスポイントでは、接続方式としてこれまでのPPPoE方式ではなくIPoE方式を採用し、スマートフォンやタブレット端末などPPPoE方式では接続できなかった端末からも利用できるようにする。IPoE方式を用いたサービスは今冬に開始予定である。

 また飲食店などの店舗向けに、フレッツ光を用いた公衆無線LANアクセスポイントの導入プログラムを提供する。導入プログラムはアクセスポイントの設置だけでなく、クーポン配信など飲食店の利用促進を目的としたサービスと組み合わせて提供する。ぐるなびと協業し、この導入プログラムを利用して東日本で約25万店舗あるぐるなび掲載店舗への公衆無線LAN基地局の導入を推進する。

モバイルルーター持ち出し中も、宅内無線LANアクセス可能に

 フレッツ光ユーザー向けに提供しているモバイル無線LANルーター「光ポータブル」の新モデルを2011年11月18日に発売する。これまで提供していたモデルは、モバイルルーターを持ち出すと家の中のアクセスポイントが無くなり、無線LANが利用できなかった。新モデルではモバイルルーターの充電クレードルにも無線LAN機能を持たせることで、モバイルルーターを持ち出している間も家の中で無線LANを利用できる。月額利用料は光ポータブルが300円、充電クレードルが200円である。

高スペック化でひかりTVも利用できる光iフレーム2

 また2011年12月には、フレッツ光ユーザー向けに提供しているタブレット端末「光iフレーム」の新製品「光iフレーム2」を提供する。前モデルと比べてCPUやメモリーなどの性能が向上しており、NTTぷららが提供する「ひかりTV」などの動画配信サービスも利用可能である。OSはAndroid 2.2で、バッテリー持続時間を4時間程度に向上させた。家族で幅広く利用する用途を想定し、台所などでも利用可能な生活防水機能の搭載や、学習コンテンツの強化を行う。月額500円の利用料で提供する。

 NTT東日本では今後、新製品/サービスの導入と合わせて「フレッツ光 WiFiキャンペーン」を2011年11月18日から実施する。同キャンペーンでは、光ポータブルの3カ月無料キャンペーンやフレッツ・スポットの3カ月無料キャンペーンを実施する。また、フレッツ光の新規加入と光ポータブル、およびリモートサポートサービスの三つをセットで申し込んだ利用者向けに、パソコンなどのインターネット接続設定と合わせて、無線LAN対応機器の接続設定を1台まで無料で行う(光iフレームの設定は台数に含まない)。