PR
写真●2Tバイトのハードディスクドライブを1台搭載したモデル「HDL-Z2WH2T/1D」
写真●2Tバイトのハードディスクドライブを1台搭載したモデル「HDL-Z2WH2T/1D」
[画像のクリックで拡大表示]

 アイ・オー・データ機器は2011年11月16日、OSにWindows Home Server 2011(WHS2011)を採用したNAS(Network Attached Storage)「HDL-Z2WHシリーズ」を発表、その第一弾新製品として2Tバイトのハードディスクドライブを1台搭載したモデル「HDL-Z2WH2T/1D」(写真)を発売した。標準価格は7万9800円(税別)で、出荷開始は12月上旬を予定している。

 WHS2011の制限により管理可能なユーザー数が「最大10ユーザー」であることから、HDL-Z2WHは主にSOHOなど小規模環境での利用を想定した製品となっている。アイ・オー・データ機器によれば、WHS2011を採用したことで、Windows Storage Server 2008 R2を搭載する上位機種のHDL-Z2WSシリーズと比べて、同等のハードウエアスペックの場合で2~3万円程度価格を抑えられているという。

 ウイルス対策ソフト「ESET NOD32 Antivirus」(90日間利用可能)および仮想ドライブソフト「VVAULT 2.0 Basic」、イメージバックアップソフト「ActiveImage Protector 3.0」という三つのソフトをプリインストールしてあり、購入後すぐにファイルサーバーやバックアップサーバーとして利用できる。

 DLNA 1.5相当のメディアサーバー(DMS)機能を搭載し、動画や音楽をネットワーク経由でパソコンやスマートフォンに配信可能。接続機器に合わせて映像のビットレートなどを調整して配信する「リアルタイムトランスコーディング」機能も利用できる。ただし、DTCP-IPには非対応となっており、DRM(デジタル著作権管理)で保護されたデジタルコンテンツを配信することはできない。

 WHS2011の管理用画面(ダッシュボード)上で冷却ファンの状態や本体温度のモニタリングなどを可能にする「ZWH Manager」という専用の管理ツールが付属する。ZWH Managerでは、上記機能に加えて本体前面にある「Funcボタン」を押したときに自動実行させる処理なども設定可能だ。アイ・オー・データ機器によれば、例えばデジカメをUSB経由で接続してFuncボタンを押すと、指定したフォルダに画像を自動コピーするといった用途で使えるという。

 本体のスペックは、CPUに米インテルのIntel Atom D510デュアルコアプロセッサを採用し、メモリー容量(RAM)は2Gバイト。外部インタフェースは、10M/100M/1G自動認識のLANポートが1ポート、USBポートが5ポート(正面×1、背面×4)、eSATAポートが2ポートなどとなっている。突起部を除いた外形寸法は約102mm(幅)×216mm(奥行き)×150mm(高さ)。質量は約3.0kg。