PR

 米Googleは現地時間2011年11月16日、クラウドベースの音楽サービス「Google Music」を発表した。Android端末向けアプリケーション配信/販売サイト「Android Market」やSNS「Google+」と連携する。米国ユーザー向けに同日公開した。

Google Musicは、5月から米国でベータ提供していた音楽ストレージサービス「Music Beta by Google」を正式版に発展させたもの(関連記事:Google、音楽ストレージサービス「Music Beta」を開始)。ユーザーは所有する音楽をクラウド上にアップロードして管理し、さまざまなデバイスからアクセスして聞くことができる。各デバイスにわたるすべてのライブラリーを自動的に同期し、Android Marketから手軽に音楽を購入することが可能。

 Android Marketでは、米Universal Music Group、米Sony Music Entertainment、英EMIといった大手レコード会社のほか、多数の独立系レーベルとの提携による1300万曲以上を用意する。パソコンやAndroid端末から1曲ずつ、あるいはアルバムごとに購入できる。購入した楽曲はGoogle Musicのライブラリーにすぐに追加され、Google+で友達と無料で共有することも可能。

 またGoogle Musicは、アーティストが専用ページを作成する機能も提供する。アーティストはオリジナル楽曲をアップロードし、価格を設定して直接ユーザーに配信することができる。

 Android Marketの音楽ストアは、今後数日のうちに利用可能にする。「Android 2.2」以降を搭載した端末に対応する。楽曲の価格は1曲当たり0.99~1.29ドルになる見込みと、米メディア(FOX News Network)は報じている。

[発表資料へ]