PR

 ジュピターエンタテインメントは2011年11月17日、チャンネル名の「LaLa TV」を2012年1月より「女性チャンネル♪LaLa TV」に変更すると発表した。チャンネル名称の変更に合わせて、俳優の市原隼人さんをイメージキャラクターに起用し、番組編成を強化する。

 2011年11月17日開催の会見で、ジュピターエンタテインメントの親会社であるJ:COMの代表取締役社長の森修一氏は、LaLa TVのリニューアルの狙いについて「これまでは海外ドラマや韓流ドラマ、料理番組などを放送していたが、コンセプトが少し中途半端になっていた。今後はターゲットである女性により焦点を絞ったチャンネルにする」という。

 ジュピターエンタテインメント代表取締役社長の中谷博之氏(J:COM上席執行役員メディア事業部門長を兼務)は、「本来のコンセプトに立ち返って、女性のニーズに合う様々なジャンルの番組を放送していく」と述べた。さらに、「女性向けチャンネルであるLaLa TVを変える作業は、男性である私一人ではできない。そこでフジテレビジョンの大多亮さん(執行役員クリエイティブ事業局長)に相談したところ、プロデューサーの栗原美和子さんに協力してもらえることになった」と報告した。

 栗原美和子氏は、2011年8月よりLaLa TVのエグゼクティブプロデューサーを兼務している。栗原氏は、LaLa TVの抜本的改革について、「LaLaレボリューションと名付けて、四つの視点から取り組みを進めていった」と述べた。四つの視点とは、「CSならではのソフト作り」「豪華なキャスト&スタッフ」「見るテレビから出るテレビへ!」「女性たちのおもちゃ箱」という。

 ジュピターエンタテインメントは2012年1月に、イメージキャラクターとなる市原隼人さんの出演作の特集放送を予定する。このほかに2012年1月から順次放送する新番組を報告した。視聴者参加型の番組も予定している。「これらの番組はまだ序の口。今後も新しいコンテンツを作っていきたい」(栗原氏)としている。

■変更履歴
記事公開当初、3段落目5行目に「大田亮さん」とありましたが、正しくは「大多亮さん」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2011/11/18 20:01]