PR
Yelpのホームページ
Yelpのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 地域レビューサイト「Yelp」を運営する米Yelpは現地時間2011年11月17日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の申請書(FORM S-1)を提出した。公開株式数や価格などは未定だが、1億ドルの調達を目指していると、米メディア各社(Wall Street JournalBusinessweekForbesなど)は報じている。

 Yelpは、2004年7月にサンフランシスコで創業した。現在、米国、カナダ、英国、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストリア、オランダ、スペイン、イタリア、スイス、ベルギーの主要都市に関する情報を配信している。2011年第3四半期におけるYelpサイトへのユニーク訪問者は月平均6100万人で、2011年9月末時点で2200万件以上のレビューが書き込まれている。米Appleの「iOS」、米Googleの「Android」、カナダResearch In Motionの「BlackBerry OS」、米Microsoftの「Windows Phone 7」など各種モバイルOSに対応したアプリケーションも提供しており、月平均500万人以上がモバイルアプリケーションを介してアクセスしているという。

 米メディア各社の報道によると、Yelpの2011年1~9月における売上高は5840万ドルで、2010年1~9月と比べ80%増加した。純損失は760万ドルで、前年の860万ドルから縮小している。2010年には米Googleと米Yahoo!から買収を持ちかけられたが断ったとされている。

 ネット関連企業のIPOとしては、ビジネス向けソーシャルメディアの米LinkedInが5月に、クーポン共同購入サイトの米Grouponが11月4日に上場を果たした(関連記事1関連記事2)。またソーシャルゲームの米Zyngaが7月にIPOの申請書を提出している(関連記事3)。

[発表資料へ]