PR

 NECビッグローブ(BIGLOBE)は2011年11月21日、フジテレビジョン向けにバレーボールワールドカップ2011を応援するサイト「全日本ツイッター応援ページ」を制作し、提供したと発表した。

 全日本ツイッター応援ページは、BIGLOBEのソーシャルメディア分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」を使い制作した。Twitterに投稿された全日本代表(男子・女子)の選手40名と、監督2名に関するツイートを集約・分析して提供している。Twitterに投稿されたデータを集計し、様々な人が楽しめるコンテンツとして提供する。

 全日本ツイッター応援ページでは、選手や試合に関するツイートをハッシュタグと選手名によって集約し、リアルタイムに提供している。大会に関するツイートを絞り込んで提供するため、Twitterの利用に慣れていない視聴者も大会に関するほかの視聴者のツイートを手軽に閲覧できるという。また、ハッシュタグを入れた投稿が手軽にできるツイートボタンも提供する。試合を視聴しながら応援ツイートを投稿したり、プレーに対するツイートを閲覧するなど、視聴者同士で盛り上がれるという。

 また、ツイート件数の推移や多く使われた話題のキーワードなどを、選手別にまとめて提供する。ツイート数ランキングから活躍した選手が分かるほか、キーワードからはほかの視聴者がどんなプレーに対してツイートを投稿したかなどが分かる。

 全日本ツイッター応援ページは、大会が開幕した2011年11月4日から公開している。惜しくもオリンピック出場権の獲得を逃した女子大会では、約4万7000件を超える応援ツイートで盛り上がったという。

[発表資料へ]