PR
Google Search app for iPadによる検索結果の表示例
Google Search app for iPadによる検索結果の表示例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2011年11月21日、米Appleのタブレット端末「iPad」向けの検索アプリケーション「Google Search app for iPad」を刷新し、公開したと発表した。Appleのモバイルアプリケーション販売/配信サービス「App Store」から無償でダウンロードできる。

 検索キーワードの入力を始めると順次キーワード候補が提示され、それに応じて検索結果が提供される「Google Instant」を導入した。検索結果と並べてWebページを表示し、検索結果をスクロールしながら希望のWebページを探せるほか、「Instant Previews」機能でWebページをサムネール表示して見比べることも可能。

 画像検索の検索結果ではカルーセル表示を採用した。任意の画像をタップして拡大表示し、スワイプで別の画像を次々に閲覧できる。

 また、画面右上には虫眼鏡アイコンと「+1」ボタンを配置した。虫眼鏡アイコンをタップするとWebページ内の最も関連性の高い部分がハイライト表示される。Webページを他のユーザーにもおすすめしたいときには+1ボタンをタップする。

 そのほか、Googleの各種サービスのアイコンを「Apps」メニューにまとめ、手軽に「Gmail」や「Calendar」「Google+」にアクセスできるようにした。Appsメニューのパネルを右にスライドすることで、すぐに通常の検索に切り替えられる。

 Google Search app for iPadの新版(バージョン1.0.0.8117)は、「iOS 4.0」以降を搭載したiPad、および「iPhone」と「iPod touch」で利用可能。

[発表資料へ]