PR
図1 2012年4月以降のゴルフネットワークの番組ラインアップ
図1 2012年4月以降のゴルフネットワークの番組ラインアップ
[画像のクリックで拡大表示]
図2 新しいブランドロゴ
図2 新しいブランドロゴ
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ゴルフネットワークの2012年の編成方針
図3 ゴルフネットワークの2012年の編成方針
[画像のクリックで拡大表示]

 ジュピターゴルフネットワークと米Golf Channelは2011年11月22日、2012年4月以降のライセンスおよび配信契約を締結したと発表した。これにより、ゴルフネットワークの放送ラインアップに、米国LPGAツアーや欧州PGAツアー、ニュース番組の「ゴルフセントラル」などが加わることになる(図1)。日本における「ザ・ゴルフ・チャンネル」の放送は2012年3月末までに終了する。

 2011年11月22日の会見でゴルフネットワークの代表取締役社長の石井政士氏は、今回のライセンス契約を機にゴルフネットワークとGolf Channelは共同で日本における新ブランドを導入すると発表し、新しいブランドロゴを公開した(図3)。さらに2012年の編成方針として、「独自性の高いコンテンツの拡充」「番組のクオリティー向上・リピート率の低下」「地上波との差別化・BS/CS市場における競争力強化」を挙げた(図4)。

 Golf ChannelのPresidentを務めるMike McCarley氏は、「今は日本にゴルフネットワークとザ・ゴルフ・チャンネルという二つのチャンネルがあるが、2012年4月からは一つのチャンネルで多様なゴルフのコンテンツを楽しんでもらえるようになる」「ザ・ゴルフ・チャンネルの視聴者に十分な説明をして、ゴルフネットワークへのスムーズな移行を促していきたい」などと述べた。