PR

 エイデックと読売テレビ放送は、「3D プロジェクションマッピング」を使った演出を「ベストヒット歌謡祭2011」(2011年11月24日19時から生放送)で行う。

 3D プロジェクションマッピングは、建物などの凹凸をあらかじめ3Dデータ化しておき、その表面に立体的な映像をプロジェクターで投射する技術である。現実にある建造物やオブジェクトをスクリーンとして、そこに映像を映し出すことで、立体感や躍動感のある映像が浮かび上がるという視覚効果を狙う新たな空間演出の方法という。

 ベストヒット歌謡祭2011での演出では、柱や階段など凹凸のあるセットに、歌手の歌のリズムに合わせて、歌詞をモチーフにしたCGアニメーションを投影する。3D プロジェクションマッピングを生番組の演出方法として導入するのは「今回が初めて」としている。