PR
セレモニーの様子。左から、NTTドコモの山田隆持社長、タレントの堀北真希さん、ビックカメラの宮嶋宏幸社長
セレモニーの様子。左から、NTTドコモの山田隆持社長、タレントの堀北真希さん、ビックカメラの宮嶋宏幸社長
[画像のクリックで拡大表示]
ビックカメラ有楽町店のXi対応スマートフォンの展示ブース
ビックカメラ有楽町店のXi対応スマートフォンの展示ブース
[画像のクリックで拡大表示]
販売を開始した「GALAXY S II LTE SC-03D」
販売を開始した「GALAXY S II LTE SC-03D」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2011年11月24日、LTE(long term evolution)サービス「Xi(クロッシィ)」に対応したスマートフォン「GALAXY S II LTE SC-03D」の発売記念セレモニーを開催した。場所は東京都千代田区にあるビックカメラ有楽町店。NTTドコモの山田隆持社長は、「2012年3月までに、Xi全体で100万台の契約を目指す」と展望した。

 セレモニー会場では、山田社長に加えビックカメラの宮嶋宏幸社長とタレントの堀北真希さんが登壇。宮嶋社長は、「予約受付の件数は、(これまで予約販売したスマートフォンと比べ)過去最高に迫る勢い」と期待感を表明した。

 SC-03Dは、ドコモが10月18日に発表した冬春商戦向けスマートフォン。韓国サムスン電子製でOSは米グーグルの携帯プラットフォームAndroidのバージョン2.3。液晶サイズは4.5型で1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載する。Xiの通信方式を使うことで屋内では最大75Mbps、屋外では最大37.5Mbpsで通信できる。「混雑している場所や時間帯を考慮しても、通信速度は平均7M~10Mビット/秒は出る」(山田社長)。ドコモはSC-03Dを含む計4機種のXi対応スマートフォンを発表済みで、その他の機種も年末から年明けにかけて順次発売する。

 なお、ビックカメラ有楽町店では11月27日まで、Xi対応スマートフォンを触れる体験イベントを実施する。