PR

 ベルギーの著作権管理団体SABAMは現地時間2011年11月24日、インターネットサービスプロバイダー(ISP)にコンテンツフィルタリングを義務づけるべきとする同団体の主張を、欧州司法裁判所が退けたことを明らかにした。

 欧州司法裁判所は、ファイル共有ネットワークを通過するすべての通信を監視するシステムの設置を、ベルギーのISPであるScarletに強制できないとの判断を下した。

 米Wall Street Journalによると、SABAMは2004年、Scarletのネットワークを介して音楽ファイルの不正ダウンロードが行われているとしてベルギーの裁判所にScarletを提訴した。一審ではSABAMの主張が認められ、Scarletにオンライントラフィックの監視システムを設置する命令が言い渡されたが、Scarletが上訴し、上訴裁判所が欧州司法裁判所に意見を求めていた。

 欧州司法裁判所は、著作権が根本的な権利であることを認めた上で、監視システムの設置が費用や技術的作業の面でISPに多大な負荷を与えるほか、インターネットユーザーの個人情報保護を侵害し、合法的なコミュニケーションを阻む恐れがあることを指摘した。

 SABAMは、裁判所の見解を考慮し、作者とその作品を守るために別の手段を検討して提案したいとしている。

[発表資料(PDF文書)]