PR

 九州通信ネットワーク(QTNet)は2011年11月25日、1日当たり30Gバイト以上のデータを送信するユーザーの通信速度を、一定の水準に制限する帯域制御を2012年4月から実施すると発表した。

 QTNetでは、一部のユーザーよる大量のデータ送信により、ほかの多くのユーザーのサービス品質が低下する事象が発生しているという。こうした状況を改善するために帯域制御を実施する。

 なお、ホームページ閲覧やメール受信、ファイルのダウンロードなどデータ受信した容量は帯域制御の対象基準とならない。

[発表資料へ]