PR

 韓国Samsung Electronicsと米Appleとの特許係争に関して、米カリフォルニア州連邦地方裁判所は現地時間2011年12月2日、Samsung製スマートフォンとタブレット端末の販売差し止めを求めたAppleの仮処分申請を棄却した。米メディア各社(Wall Street JournalPCMag.comCNET News.comなど)が伝えたもので、Samsungは引き続き米国で「Galaxy」製品などを販売できる。

 Appleは、Samsungのスマートフォン「Galaxy S 4G」「Infuse 4G」「Droid Charge」とタブレット端末「Galaxy Tab 10.1」に特許を侵害されたとして仮差し止め処分を申請していたが、連邦地裁のLucy Koh判事は「仮差し止めは途方もない是正措置」との見解を示した。また、Appleが主張するところの「販売を差し止めなければAppleが回復不可能な損害を被ること、仮処分によって公共の利益が確保できること」を立証できていないと判断した。

 AppleとSamsungの法廷闘争は、2011年4月にAppleがカリフォルニア州でSamsungをデザイン特許や商法権の侵害などで提訴したことに端を発した。これを受けSamsungは通信技術に関する特許が侵害されたとしてAppleを逆提訴し、イタリア、フランス、韓国、日本など世界各国に訴訟合戦が広がった。ドイツとオランダではSamsung製品の仮差し止めが決定している。一方、オーストラリアでは10月13日にGalaxy Tab 10.1の販売を禁じる仮差し止めが言い渡されたものの、11月30日に上訴裁判所がこれを誤りとして判決を覆した(関連記事:豪裁判所、Samsung製タブレット端末の仮差し止めを覆す判決)。

 Samsungは今回の裁決について「当社が長い間抱いていた、Appleの主張にはメリットがないという見解を示すものだ」との声明を発表した。なお本訴裁判は2012年7月30日に行われる予定。