PR
写真1●両面読み取り対応のオートドキュメントフィーダー(ADF)を搭載したPFUのA4業務用イメージスキャナー「fi-6130Z」および「fi-6140Z」。写真はスキャン速度が速い上位機種のfi-6140Z(製品名ロゴ以外は同じ)
写真1●両面読み取り対応のオートドキュメントフィーダー(ADF)を搭載したPFUのA4業務用イメージスキャナー「fi-6130Z」および「fi-6140Z」。写真はスキャン速度が速い上位機種のfi-6140Z(製品名ロゴ以外は同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ADFに加え、フラットベッドスキャナーも搭載する「fi-6230Z」および「fi-6240Z」。写真は上位機種のfi-6240Z
写真2●ADFに加え、フラットベッドスキャナーも搭載する「fi-6230Z」および「fi-6240Z」。写真は上位機種のfi-6240Z
[画像のクリックで拡大表示]

 PFUは2011年12月5日、業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」の新製品として、A4対応のコンパクトスキャナー4機種を発売した。原稿読み取り速度を同社従来製品比で最大1.5倍に高めたことや、集中管理に対応したソフトウエアを標準装備していることなどを売りとする。12月6日から出荷を始める。

 発売したのは、両面読み取り対応のオートドキュメントフィーダー(ADF)を搭載した「fi-6130Z」および「fi-6140Z」(写真1)と、ADFに加えてフラットベッドスキャナーを搭載した「fi-6230Z」および「fi-6240Z」(写真2)の2モデル4機種。

 読み取り速度は、カラーA4原稿を200dpiでスキャンする場合、fi-6140Zとfi-6240Zでは「毎分60枚」(両面読み取りで120面)となっており、従来機種(fi-6140およびfi-6240)と比べて最大1.5倍に高速化している。fi-6130Zとfi-6230Zの読み取り速度は毎分40枚(同80面)。

 原稿が重なっている場合に読み取りを停止しつつ(重送検知)、写真や付箋紙などが貼られている原稿についてはそのままスキャンを続けさせられる「インテリジェントマルチフィード機能」を備える。新機能として、原稿を送り出す際の引っかかりをセンサーで即座に検知して給紙を止めることで、原稿の破損をなるべく抑えられるようにする「原稿破損防止機能」も搭載した(6130Zおよび6230Zが新規搭載)。

 標準で読み取り可能な用紙サイズはA4サイズまでだが、付属する「A3キャリアシート」に用紙を折りたたんで入れることで、A3サイズまでの用紙をスキャン可能(両面を読み取る場合は2回のスキャン操作が必要になる)。サイズの異なる用紙もまとめてスキャンでき、IDカードなどに用いられる厚めのプラスチックカード類も3枚まで一度に処理できる。

 小サイズの用紙をスキャンする際に、スキャン済みの原稿が飛び散らかるのを防ぐ「小サイズ原稿用スタッカーエクステンション」も新たに装備した。

 バッチスキャンや自動仕分けなどに対応したスキャンソフト「ScandAll PRO V2」に加え、複数台のスキャナーを集中管理するためのソフト「Scanner Central Admin」を今回から新たに標準添付する。同ソフトを使うことで、各スキャナーのエラー発生状況や消耗品の交換時期などを把握したり、設定変更を一括で実施したりできる。

 価格は、fi-6130Zが12万円、fi-6140Zが18万円、fi-6230Zが18万円、fi-6240Zが28万円となっている(いずれも税別表示)。