PR

 KDDIは2011年12月6日、自宅用小型基地局「auフェムトセル」が、ケイ・オプティコムの「eo光」と中部テレコミュニケーション(CTC)の「コミュファ光」の各回線で12月8日から利用できるようになると発表した。

 auフェムトセルは、2010年7月に提供を開始した個人ユーザー宅内向けの小型基地局である。ユーザーの宅内で「auひかり」などの対応回線と接続し、その回線を経由して、半径10メートル程度の携帯電話機向け通話エリアを形成することで電波環境を改善する。

[KDDIの発表資料へ]
[ケイ・オプティコムの発表資料へ]
[中部テレコミュニケーションの発表資料へ]