PR
Twitterの新しいユーザーインタフェース
Twitterの新しいユーザーインタフェース
[画像のクリックで拡大表示]

 米Twitterは現地時間2011年12月8日、ミニブログサービス「Twitter」の刷新を発表した。デザインを簡素化し、情報のフォロー、やり取りの閲覧、関心の高いトピックの検索などをより手軽に行えるようにした。今後数週間で順次利用可能にする。

 新デザインは、Web版とモバイル版の両方に適用する。iPhone用アプリケーションとAndroid用アプリケーションはすでにデザインを変更したバージョンを公開している。iPad向けを含む他のアプリケーションは現在アップデートに取り組んでいる。

 主要メニューを「Home(ホーム)」「Connect(つながり)」「Discover(見つける)」「Me(アカウント)」「Tweet(ツイート)」の五つに集約し、ホーム画面は右側にタイムライン、左側にトレンドやおすすめユーザーなどへのリンクを配置した。画像や動画はツイート内で再生される。Connectでは、自身のツイートに対する他のユーザーの反応(リツイート、お気に入り、フォローなど)を確認できる。Discoverでは簡単にハッシュタグによる検索が可能。アカウントでプロフィール、ダイレクトメッセージ、投稿したコンテンツを管理し、ツイート作成では位置情報の追加や画像およびビデオ投稿が容易になった。

 モバイル版は「Home」「Connect」「Discover」「Me」の四つのタブ構成で、右上に「Tweet」ボタンが常に表示されるようになっている。

[発表資料へ]