PR
「スーパーセキュリティZERO」のパッケージ写真
「スーパーセキュリティZERO」のパッケージ写真
[画像のクリックで拡大表示]

 ソースネクストは2011年12月12日、統合セキュリティソフトの新製品「スーパーセキュリティZERO」を発表した。ウイルス検知率が高いことと、更新料が0円であることが特徴だという。価格は3990円。発売は12月22日。USBメモリーに収録して販売する。

 今回発表したスーパーセキュリティZEROは、ウイルス対策やファイアウオール、迷惑メール対策、フィッシング詐欺対策、ファイル暗号化などの機能を備える統合セキュリティソフト。

 ルーマニアのセキュリティ企業ビットディフェンダーの製品「Bitdefender Total Security 2012」をベースにしている。第三者機関の評価によれば、同製品のウイルス検知率は高いという。このためソースネクストでは、スーパーセキュリティZEROの特徴の一つとして、検知率の高さをアピールする。

 もう一つの特徴は、従来製品の「セキュリティZERO」と同様に、更新料が0円であること。製品を購入すれば、利用するOSのサポート終了時まで、更新料を払わずに使い続けられる。例えば、Windows 7 Professionalにインストールして使用する場合には、2020年1月14日まで利用できる。

 なお、セキュリティZEROは継続して販売する。