PR
写真●クラウド対応型急速充電器
写真●クラウド対応型急速充電器
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは2011年12月13日、電気自動車(EV)用充電器をリモートで運用するためのクラウドサービス「クラウド型充電サービス」と、同サービスに対応する充電器本体「クラウド対応型急速充電器」(写真)の提供を開始した。

 クラウド型充電サービスは、EV用充電器を設置する事業者向けの運用支援機能や、充電器利用者向けの利用支援機能を提供するクラウドサービス。同社のクラウドプラットフォーム「RIACUBE-V」を利用して、EV用充電器の「遠隔制御サービス」「遠隔監視サービス」「会員認証サービス」「利用状況管理サービス 」「位置情報・利用状況の配信サービス」「充電完了通知サービス」「運用・保守サービス」を提供する。

 遠隔制御サービスは、充電器の休止や再起動、充電電力をリモートで設定できるサービス。電力利用量の高い時間帯に充電電力のピークを抑えるなどの制御も可能になる。会員認証サービスおよび利用状況管理サービスでは、非接触ICカードを用いた充電器利用者の認証や利用実績の管理を行う。

 位置情報・利用状況の配信サービスと充電完了通知サービスは、充電器を利用するEVユーザー向けのサービス。利用者に対して、充電器の位置や現在の利用状況を表示する「充電ステーションマップ」や、充電完了通知メールを利用者の携帯端末などに送信する機能を提供する。