PR

 サイボウズは2011年12月14日、2012年1月期の第3四半期決算(2011年2月~10月)を発表した。子会社ユミルリンクの連結除外により、売上高は前年同期比22.6%減、営業利益も同26.9%減となった。

 第1~第3四半期の連結業績は、売上高31億3800万円(前年同期比22.6%減)、営業利益5億4400万円(同26.9%減)、経常利益5億5800万円(同25.9%減)、純利益は3億3600万円(同19.0%増)だった。

 ユミルリンクの連結除外の影響を除いた実質売上高も、前年同期比で1億5000万円程度減少した。「期中にサイボウズ Office 9など新製品リリースがあった。リリース前の一時期、旧製品の新規契約が減少したことが売上減少の一因」(同社IR担当者)という。純利益の増加は、関連会社の株式売却益1億6000万円を計上したことによる。

 なお同社は次年度では決算期を1月期から12月期に変えて2012年12月期とする。期間2~12月の変則決算になる。