PR
写真●ManageEngine NetFlow Analyzerの新UI画面の一部
写真●ManageEngine NetFlow Analyzerの新UI画面の一部
[画像のクリックで拡大表示]

 ゾーホージャパンは2011年12月19日、ネットワーク帯域の利用状況をレポートするトラフィック分析ソフトの新版「ManageEngine NetFlow Analyzer 9.5」を出荷した。新版ではユーザーインタフェース(UI)を改善したほか、分析対象を拡大し、アプリケーション固有のデータも分析できるようにした(写真)。開発会社は、インドのZoho。

 ManageEngine NetFlow Analyzerは、トラフィック分析ソフトである。分析対象はクライアント/サーバー間通信などのコンピュータ間の通信情報(フローと呼ぶ)であり、ネットワーク機器が標準で備えるトラフィック分析エージェント(Cisco NetFlowやsFlowに準拠)から取得する。これを利用して、個々のコンピュータやアプリケーションごとにネットワーク帯域の利用状況をグラフ表示する。レポートはWeb経由で参照する。

 今回の新版では、UIをタブ切り替え型に変更した。これにより、画面がシンプルになり、操作性が高まったとしている。このほか、分析対象を拡大し、NetFlowとsFlowに加えて、Citrix AppFlowとCisco Mediatraceのデータを分析できるようにした。これにより、IPアドレスやポート番号だけでは分からないアプリケーション固有のデータまで分析できるようになった。

 Citrix AppFlowは、米Citrix Systemsの負荷分散/Web高速化装置「Citrix NetScaler」が実装しているトラフィック分析の仕組みである。NetFlowをベースとしたフロー監視の標準「IPFIX」(IETF)をレイヤー7にまで拡張したもの。一方、Cisco Mediatraceは、米Cisco Systemsのネットワーク機器が備える、音声/動画通信向けのトラフィック分析の仕組みである。

 ManageEngine NetFlow Analyzerのエディションは、(a)標準版「Professional Edition」と(b)上位版「Professional Plus Edition」の二つで構成する。上位版では、標準版の全機能に加えて、利用帯域に応じた課金データを生成できる。また、アクセス制御/QoS制御の対象をURL文字列やMIMEタイプを用いてクラス定義するCisco IOSの組み込み機能(NBARやCBQoS)の情報を得ることができる。

 (a)Professional Editionの最小構成(監視対象10個)は、通常ライセンスが16万4000円、年間ライセンスが10万2000円。最大構成(監視対象600個)は、通常ライセンスが170万円、年間ライセンスが76万5000円。(b)Professional Plus Editionの最小構成(監視対象10個)は、通常ライセンスが24万5000円、年間ライセンスが11万9000円。最大構成(監視対象600個)は、通常ライセンスが255万円、年間ライセンスが102万円。