PR
写真1●フィーチャーフォンそっくりなAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」
写真1●フィーチャーフォンそっくりなAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●災害用伝言板や緊急速報メールをまとめて使えるアプリ「au 災害対策」
写真2●災害用伝言板や緊急速報メールをまとめて使えるアプリ「au 災害対策」
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2011年12月19日、テンキーを備えたAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」(シャープ製)を12月23日から全国で発売すると発表した。
 
 IS14SHは、形状や操作性を従来の携帯電話(フィーチャーフォン)に近づけたAndroidスマートフォン。ボディーの下側にテンキー部分を引き出し、一般的なスライド型携帯電話のように画面を見ながらテンキーで操作できる(写真1)。発着信ボタンや十字ボタンも備える。ほかのAndroidスマートフォンと同様にタッチパネルだけで操作することも可能だ。
 
 このほかバッテリー残量や任意の設定時間に応じて省電力モードに自動で移行したり、緊急地震速報を受信した際に省電力モードへの切り替えをうながす機能を備えるのも特徴だ。消費電力が比較的大きいスマートフォンを災害発生時でも安心して使えるようにする。 
  
 ディスプレイサイズは約3.7インチ(960×540ドット)、カメラの有効画素数は約804万画素だ。また、多くのフィーチャーフォンが備えるワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信といった機能を装備する。チップセットに米Qualcomm社の「MSM8655」(1.4GHz動作)を、OSにはAndroid 2.3.5を採用している。

 端末サイズは約56×117×14.7(最厚部15.4)mm、重さは約136gだ。バッテリー容量は1030mAh。ボディカラーはシャンパンピンク、シャイニーホワイト、ナイトブラックの3色である。
 
 またKDDIはIS14SHの発売に合わせ、「災害用伝言板」や「緊急速報メール」など大規模災害の発生時に必要な機能をまとめて利用できる「au 災害対策」アプリを、12月23日から提供する。IS14SHと「MEDIAS IS11N」、「ARROWS ES IS12F」の3機種にプリインストールされる(写真2)。「G'z One IS11CA」「AQUOS PHONE IS13SH」「DIGNO ISW11K」ではKDDIのアプリマーケット「au one Market」からダウンロードする。