PR
Google+ Notificationsの例
Google+ Notificationsの例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2011年12月19日、同社の独自SNS「Google+」にストリーム調整機能を追加するなど、複数の機能強化を明らかにした。今後数日で順次利用可能にする。

 特定のサークルのストリーム画面で、ウインドウ右上のボリューム調整ボタンをスライドさせることにより、メインストリームに表示されるそのサークルからの投稿の量を調整できる。あまり重要ではない多数の投稿の中に大切な人からの投稿が埋もれてしまうのを防ぐことができる。

 通知機能も向上し、Googleバー右上の「Notifications(お知らせ)」アイコンをクリックして一覧表示される情報を以前より拡張した。各コンテンツに移動しなくても、通知内容がすぐに分かるようにした。前回確認したあとに追加された「+1」や共有件数なども確認できる。

 ストリーム上の写真をクリックして閲覧する際の「Lightbox」機能では、コメント一覧をより見やすくし、顔のタグ付けを手軽に行えるようにするなど、デザインを改良した。

 ビジネスやブランド向けページ「Google+ Pages」では、最大50人の管理者を設定できるようになった。ページ上のアクティビティを管理しやすい通知機能を実装するほか、ページを訪問したユーザーによる「+1」やサークル追加の件数も表示する。

[発表資料へ]