PR

 米IBMは現地時間2011年12月19日、今後5年間に人々の仕事や生活を一変させる可能性を秘めた5つの革新を年次レポート「IBM 5 in 5」で発表した。2011年版では、あらゆる運動をエネルギーとして活用する生活や、パスワードが不要な各種サービス利用、マインドリーディングの実現などを予測している。

 歩く、走る、自転車をこぐといった人間の動きや、使用しているコンピュータが発する熱などは、エネルギーとして利用できる潜在性を持っている。再生可能エネルギー技術の進歩により、個人がこうしたエネルギーを蓄えられるようになり、家庭、オフィス、都市の電力供給に役立てられるようになると、IBMは説明している。

 また、音声認証、顔認識、網膜スキャンといった生体認証により、現在のように複数のパスワードを作成および記憶する必要がなく、安全かつ手軽に各種サービスを利用できるようになるとしている。

 IBMの研究者が取り組んでいるマインドリーディングは、ヘッドセットで脳波を検知および分析して感情や思考を判断し、デバイスと連携させる。例えば、誰かに電話をかけようと考えただけで端末が通話発信する。ゲームだけでなく、医療などでの利用も想定する。

 そのほか、モバイル技術の発達とモバイルデバイスの価格低下によって情報にアクセスできる人々が拡大し、デジタル格差が解消されること、高度にパーソナル化した広告メールがユーザーのニーズに応えると同時にスパムフィルターの精度が上がることで迷惑メールが消滅することを挙げている。

[発表資料へ]