PR
写真●Recurrentの太陽光パネル(Google公式ブログより引用)
写真●Recurrentの太陽光パネル(Google公式ブログより引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2011年12月20日、投資ファンドの米KKRと協力し、シャープの米国子会社Recurrent Energyが手がける太陽光発電事業に9400万ドル(約73億円)を投資すると発表した。

 米カリフォルニア州サクラメントの電力会社、Sacramento Municipal Utility District(SMUD)に電力を供給する太陽光発電設備を敷設するもので、Googleは合計4つのプロジェクトに投資する。このうち3つは2012年初めに、残りの1つは2012年中に完成する予定。完成後初年で合計1万3000世帯以上の電力を賄うことができるとしている。

 Googleは今年9月、一般住宅の屋根に太陽光発電パネルを設置するプロジェクトに投資すると発表していたが、今回の事業は電力会社向けの施設を構築するもので、Googleにとって初めての大規模プロジェクトになる。

 なお、Googleはこのほか、ドイツの太陽光発電施設に対する約500万ドルの投資計画や、米BrightSource Energyの太陽熱発電プロジェクトに対する1億6800万ドルの投資、米オレゴン州で建設が進められている風力発電施設への約1億ドルの投資などを発表している。今回の投資で同社のクリーンエネルギーへの投資額は9億1500万ドル以上になる(関連記事:Google、一般住宅の太陽光発電普及に向け7500万ドルを投資)。

[Google公式ブログへの投稿記事]
[KKRの発表資料]