PR

 米Oracleは現地時間2011年12月20日、2012会計年度第2四半期(2011年9~11月)の決算を発表した。売上高は87億9200万ドルで前年同期と比べ2%増加した。会計原則(GAAP)ベースの純利益は同17%増の21億9200万ドル、希薄化後の1株当たり利益は同17%増の0.43ドル、営業利益は同12%増の31億1100万ドルだった。

 非GAAPベースの場合、純利益は前年同期比6%増の27億8400万ドル、希薄化後の1株当たり利益は同6%増の0.54ドル、営業利益は同3%増の39億2900万ドルとなる。

 ソフトウエア事業の業績は前年同期比7%成長した。新規ソフトウエアライセンス収入は同2%増の20億4800万ドル、ソフトウエアライセンス更新およびサポート収入は同9%増の39億8600万ドルだった。一方ハードウエア事業は同10%落ち込んだ。ハードウエアシステムの製品収入は同14%減の9億5300万ドル、ハードウエアシステムのサポート収入は同2%減の6億2500万ドルにとどまった。

 Oracle社長のMark Hurd氏によると、同社は世界における販売増強のために本年度前半(2011年6~11月)に営業担当社員を1700人以上増やした。「この販売力と『Fusion Cloud ERP』や『Cloud CRM』といった新製品により、本年度後半(2011年12~2012年5月)に大幅な成長が期待できる」としている。

 同社は2012会計年度第3四半期(2011年12~2012年2月)の見通しを発表し、希薄化後の1株当たり利益をGAAPベースで0.43~0.46ドル、非GAAPベースで0.55~0.58ドルと予測した。

 米メディアの報道(Forbes)によると、第2四半期に対するアナリスト予測は、売上高が92億3000万ドル、非GAAPベースの1株当たり利益が0.57ドルだった。予測を下回る決算発表を受けて、Oracleの株価は時間外取引で2.21ドル(7.6%)安の26.96ドルに下げた。

[発表資料2(PDF文書)]
[発表資料2(PDF文書)]